協会主催のnlp講座へ参加して自発的になろう!

文房具

高校生は担任教師に相談

大学生

短大か専門学校か

新潟で社会福祉士になるための学校を探す時、高校生なら担任の教師に相談するのが一番です。社会福祉士になるための方法は全部で12通りありますが、いずれにしても短大や専門学校を卒業していることが原則的な条件になります。現在新潟県内にある学校で社会福祉士を目指すことができる専門学校は3校、大学が4校あります。まずは専門学校か大学か選ぶことになりますが、学費の問題もあるので必ず親御さんとも相談する必要があります。また、偏差値や難易度にも差があるので、まずは両親と進路を相談した上で、担任教師に入学できる可能性を教えて貰う流れになります。条件によっては推薦入学できる可能性もありますし、学費が予算オーバーの時も特待生試験に合格することで奨学金が貰える可能性があります。インターネットを使えばすぐに学校を検索することができますし、パンフレットを取り寄せれば詳しい情報も分かります。ただ、現時点での合格の確率や資料だけでは分からない貴重な情報なども、教師は把握しています。同じ高校から社会福祉士になれる学校に進学した先輩の話なども、教師から聞けるかも知れません。また、それぞれの学校によって教育方針やカリキュラムは異なります。大学や専門学校を卒業したあとのことまで視野に入れて、新潟のどの学校を受験するのか決めましょう。社会福祉士の国家試験を受けるまで、最低でも4年はかかります。最短ルートは福祉系の大学で4年間学び、国家試験を受ける方法です。短大や専門学校を卒業しても、実務経験が1年から2年必要です。高校卒業後すぐに働き始め、4年実務を経験する方法もありますが、社会福祉士一般養成施設などでさらに1年以上実務を積み重ねる必要があります。場合によっては、新潟以外の学校に行くことも検討しなければなりません。目先のことだけではなく、長い目で資格取得までの道のりをシミュレーションし、学校を探しましょう。